FC2ブログ

2019年度 関東支部同窓会のご報告

2019年度 関東支部同窓会のご報告

去る6月23日(日)、千代田区の東海大学校友館にて、2019年度ノートルダム清心中・高等学校関東支部同窓会が開催されました。

3期生から53期生まで総勢92名の同窓生の皆様にお集まりいただき、またご来賓として、広島より中路隆之先生とデニス・タクラ先生、同窓会会長 岩﨑惠子様、ナミュールノートルダム修道女会東京修道院よりシスター渡辺愛子にご参加いただきました。

会場の一角には、様々な分野でご活躍されている同窓生の皆様より活動の様子をご紹介いただく「こんなことしてます」コーナーと併せて、カープと同窓会との70周年コラボTシャツ販売コーナー設置。開演前から盛り上がりを見せていました。

2019_6_23_tshirt.jpg


今回の幹事を担当した39期より、宮脇(旧姓:下野)利絵子さんが司会・進行を務め、いよいよ同窓会が幕開け。カープコラボTシャツに着替えて壇上に登られた同窓会会長 岩﨑惠子様より、開会のご挨拶をいただきました。

IMG_0408.jpg



恒例の「マザージュリーの歌」は、39期の中川美奈さんのピアノ演奏と益井(旧姓:田中)景子さんのヴィオラ演奏で斉唱。声楽家としてご活躍されている3期の浜坂京子さんより乾杯のご発声をいただき、ブッフェ会食がスタートしました。

2019_6_23_kanpaib.jpg

ご来賓のシスター渡辺愛子からは、被爆者体験の書籍化と海外での翻訳出版についての取り組みを近況としてお話いただき、会場でも書籍“Tears of the Moon, Haiku on the Atomic Bombing of Hiroshima”等をご紹介いたしました。

2019_6_23_SrAiko.jpg

続いて、現在教頭を務められている中路隆之先生からは、最近の学校のエピソードを含め、盛りだくさんの楽しいお話をいただきました。

IMG_0410.jpg


昨年退職され、現在は非常勤でE語を担当されているデニス・タクラ先生からは、新講堂や体育祭・修学旅行など、学校の近況をスライドショーとしてご用意いただきました。

IMG_0411.jpg



会の途中に設けられた同窓生活動PRタイムでは、まず23期の鈴木眞理さんから、神垣校長が代表を務めておられる「サラームの会」の刺繍小物をご紹介いただきました。この「サラームの会」販売コーナーをはじめとして、総勢12名の同窓生の方による活動紹介コーナーは、終始人気を集めていました。

2019_6_23_salam.jpg


また、創作ビーズ作家として最近では国立科学博物館の展示などでもご活躍されている1期の佐古孝子さんより、同窓会へのプレゼントとしてオリンピックのイメージカラーをあしらったハンドクラフトのビーズストラップを拝領。白熱の「じゃんけん大会」と「ブーケプルズ」を勝ち抜いた1名の方が幸運を掴み取りました。

2019_6_23_janken1.jpg

同期や先輩・後輩期、お世話になった先生方との久しぶりの再会に会話も弾む中、あっという間に楽しい時間が過ぎ、会は終盤へ。関東支部長の25期 藤原泰江様より閉会のご挨拶、幹事代表の39期 施向寿栄さんよりお礼のご挨拶と来年度幹事の40期の皆様ご紹介を経て、校歌斉唱で閉会となりました。

2019_6_23_Fujiwara.jpg

今回幹事を務めた39期は、シスター渡辺愛子のご厚意にて武蔵野市のナミュールノートルダム修道女会東京修道院の一角をお借りして集まり、昨年より活動してまいりました。10年ぶり、20年ぶりという長い期間を経て同期と再会し、修道院で準備を進めておりますと、回廊に掲げられたマザージュリーの肖像や、広々とした庭園に佇む聖母像が目に入り、清心で過ごした時間が懐かしく思い出されました。

2019_6_23_#39
幹事の39期一同とご来賓の皆様との集合写真

当日はご来賓の皆様をはじめとして、たくさんの同窓生の皆様にご参加・ご協力いただき、大変素晴らしい会となりました。来年以降もより多くの方にお集まりいただき、楽しい時間を過ごしていただけることを願っております。

最後になりましたが、母校の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



Sr.渡辺愛子のご活動の紹介

 梅雨空のもと 菖蒲の咲く季節となりました。
同窓生の皆様には 益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

先日の同窓会関東支部の会場において シスターからご紹介がありました2冊の本の出版について
改めて 同窓生の皆様に ご紹介させていただきます。

Haiku.jpg

こちらは "Tears of the Moon, Haiku on the Atomic Bombing of Hiroshima"  Fr. Eric Freed
2009年に(前)広島文化センターのスティーブン・リーバー理事長によって国連NPT再検討会議準備委の出席者に配られた”The Experience of the Atomic Bombing of Hiroshima in Poem"  の2018年の再版です。
エリック・フリード神父は 知人の母である高梨さんの句集『高髻』に出会い 被爆50年後に訪れたヒロシマで詠んだ十一句に感銘を受け 世界の人々に知ってほしいと英文の紹介本の執筆を思い立たれました。神父は高校時代の留学を含め約20年間日本で過ごされており、高梨さんとともに被爆地を歩き その心情を読み解かれました。
米国では出版に至らず眠っていた原稿を 2008年にSr. 渡辺愛子が米国でフリード神父と出会い 出版を引き受けられました。 この本の制作には多くの清心卒業生が協力されています。

また、シスターは高梨さんの妹である水江顕子さんが お姉さまとご自身の被爆体験を書かれた手記の英訳出版に取り組まれておられます。

IMG_3639.jpg

こちらの手記は卒業生が英訳し 出版の準備が行われております。
シスターはこの本を 世界中のノートルダム修道会に配りたい、また、原爆資料館を訪れる人に手にとってもらいたいと活動されています。
先日の同窓会でも 各1000円で 皆様のご協力をお願いしましたところ 計3万円の寄付ができました。
ご興味を持たれた方は 25期 藤原さんか  関東支部 nd-kanto@live.jp まで ご連絡ください。

カープコラボTシャツ 完売しました

同窓会関東支部のみなさま

先日の同窓会には 多くの若い期の方々にもご参加いただきました。
ありがとうございました。

カープコラボTシャツは完売しました。
皆様のカープ愛と母校への熱い愛をたくさん感じました。
ご協力ありがとうございました。
なかなか皆さんに広くお知らせすることができず、十分な対応ができなかったことをお詫びいたします。

一回きりの企画。 門外不出のTシャツです。
球場で見かけたら清心関係者です。
ぜひ 声をかけていっしょに応援しましょう。

これからも同窓会活動にご協力いただきますようお願いいたします。

IMG_3475.jpg



ND清心同窓会関東支部 nd-kanto@live.jp
同窓会関東支部長

創立70周年記念Tシャツのご案内

若葉に包まれる季節となり、同窓生の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

今年 母校ノートルダム清心中・高等学校は 創立70周年を迎えます。
それを記念して 同じ年に誕生した広島東洋カープとコラボレーションした
ND清心×カープ 創立70周年記念Tシャツ” が
学校により 生徒・保護者のために 作製されることになりました。
デザイン使用権は学校にあります。


球団より 収益目的、不特定多数への販売は固く禁じられておりますところ、
希望する同窓生にも お譲りいただけることになりました。
関東支部においては 6月開催の同窓会関東支部にて
当日直接販売させていただく予定です。

価格は 2000円 です。
限られた数量ですので 同窓生一人につき2枚までとさせていただきます。


色は赤と紺  デザインは写真をご覧ください
*細かいデザインは多少変更されることがあります。

サイズは S M L O

参考サイズ(cm)*サイズは目安です:ビールかけTシャツと同じ
SMLO
着丈65697377
身幅49525558
裄丈19202224


お問い合わせ先 同窓会関東支部 nd-kanto@live.jp

70T RF RB NF

NB

2015年度 関東支部同窓会のご報告

 去る6月28日(日)に中国飯店六本木店にて、2015年 度関東支部同窓会が開催されました。

chugokuhanten.jpg
中国飯店六本木店

総勢87名(先生2名、子ども4名、乳児1名含む)の参加となりました。

開場から開演までの時間、緒形隆之先生がご提供下さった、1989年度体育祭の着付け競争のビデオを上映しました。

「こんなことしてます」コー ナーでは、同窓生の方々の活躍のご紹介をしました。

Konnakotoshitemasu.jpg


35期深見綾子さん(旧姓 上野)の司会進行により同窓会がスタート。

同窓会会長岩﨑惠子さん(13期)よりご挨拶。

マザージュリーの歌を全員で歌いました。


5期の境様の乾杯で和やかに会食が始まり、美味しい中華料理を堪能しながら、
ご来賓の田口普美先生、緒形隆之先生より暖かいメッセージをいただ きました。

ryouri.jpg



続いて、デニス・タクラ先生が60期の卒業を記念して作成されたスライドショーを上映しました。
冒頭には、タクラ先生から同窓生に向けたビデオメッセージも入っており、懐かしい お姿とお声に会場からは歓声があがっていました。

関東支部長 藤原泰江(25期)さん、35期幹事代表 橋本さんよりご挨拶ののち、全員で校歌斉唱。

kouka.jpg


お忙しいなか、たくさんの皆様がご出席下さり、和やかな暖かい雰囲気の同窓会
となりました。
ご来賓の先生方、同窓生の皆様、同窓会会長岩﨑さん、関東支部長 藤原さん、誠に
ありがとうございました。

Raihin.jpg


今回幹事期として一年近く活動してまいりました。
当日35期は33名も出席し、卒業以来会う同級生とも当時に戻って懐かし時間を過ごしました。
同じ関東に住み、こうして再会できたのも同窓会のお陰です。関東同窓会が末永く続くことを願ってやみません。
今年参加できなかった同窓生の皆さま、是非同期でお声をかけあって、来年はご参加下さいますよう願っております。

母校の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

Kanji.jpg



35期 橋本

2014年度 関東支部同窓会のご報告

今年度の関東支部同窓会は、学士会館にて6月29日(日)に開催されました。


210号室の会場に、130名(先生2名、子ども2名、乳児1名含む)の出席となりました。

学士会館公式HP
http://www.gakushikaikan.co.jp/


開場から開演までの時間、2013年に広島テレビがノートルダム清心中・高等学校を取材した「ぐるぐるスクール」の録画を上映しました。




当日のテーブルは、34期歌原(信濃)由佳さんにフラワーアレンジメントをお願いしました。



「こんなことしてます」コーナーでは、同窓生の方々の活躍のご紹介をしました。
また、20期、28期、34期、44期の卒業アルバムを展示しました。






34期の谷口(鬼塚)尚子さん司会進行で同窓会がスタート。

同窓会会長岩﨑惠子様(13期)よりご挨拶。

マザージュリーの歌を34期重森忍さんのピアノ演奏で歌いました。


3期の山木和子様より乾杯のご挨拶。

学士会館さんが、ノートルダム清心の校章の入った、手作りのワインラベルのワインをプレゼントしてくださいました。
複数の期が一緒になるテーブルも多いため、今回初めての試みとして、各テーブルで1人1分の自己紹介タイムを設けました。

その後、美味しい中華料理をいただきながら、ご来賓の今﨑成志校長先生、三宅智香子先生より暖かいメッセージをいただきました。

また、新講堂の完成予定写真の上映など、現在の母校の様子や近況などを伺いました。

今崎 成志先生
「先生方への質問タイム」では、会場からの質問も含め、普段なかなか先生方から聞けないお話を伺いました。
その後の歓談の時間には、開演前に上映した「ぐるぐるスクール」の録画を再上映しました。
皆さん、楽しそうに見ていらっしゃいました。

そして、もう一つのイベント
プロのピアニスト2人(30期田中知子さん、34期重森忍さん)によるピアノ連弾ミニコンサート。とても迫力のある演奏で、最後は立って手拍子されている方もいらっしゃいました。

関東支部長の本多公子様のご挨拶、34期幹事代表の挨拶の後、
次期幹事の35期をご紹介。
最後に34期重森忍さんのピアノ演奏で校歌斉唱して閉会となりました。

先生方と34期幹事 記念撮影
 

お忙しいなか、たくさんの皆様にご出席いただき、和やかな暖かい雰囲気の同窓会となりました。
ご来賓の先生方、同窓生の皆様、同窓会会長岩﨑様、関東支部長本多様、誠にありがとうございました。
母校の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

34期幹事代表 松岡やすこ